2017年3月12日

歯周病の事を考えると虫歯が可愛く見えます

歯周病は放っておかないというのが大切です。
虫歯を放っておくのはダメですけどね。
歯周病が進行すると歯が抜け落ちていきます。
少しの歯でも大変なのに、何本も歯が抜けたら大変という事では済まされないです。
若いのに何本も歯が抜けるのは嫌です。
何歳になっても自分の歯でいたいと思うのは普通です。
現に、歯が丈夫な高齢者もいます。
自分の歯でものを食べるのは大切です。
やはり入れ歯より自分の歯です。
その自分の歯が無くなっていくのは耐えられません。

虫歯になると歯が痛いです。
歯が痛くない虫歯はありません。
歯周病も同じで、歯が痛くなります。
歯の骨が脆くなるのに、歯が痛くならないわけがありません。
歯周病は歯が痛くなるだけではありません。

歯周病にはなりたくないですけど、歯周病になったら普通の虫歯がかわいく見えます。
虫歯の場合は歯が痛いから、早く治したい気持ちが強いです。
歯周病は痛くて早く治したい気持ちの他に、恐怖心があります。
歯周病は怖い歯の病気でもありますから、早めの対処は必要です。
歯周病の治療が遅れると、それだけ治しづらくなってしまいます。